若さと経験を生かして、
人口減少時代だからこそ「人」への投資を!

三重県議会議員しもの幸助から三重県のみなさまへ
三重県は2015年の国勢調査の結果、県民人口は181万人、そして2040年には150万人程度となり、25年間で約31万人の人口減少という予測となっています。
三重県の最大の課題は人口減少。これから三重県は1万人規模の人口減少が続きます。そのうち3千人以上が15歳から29歳の若者です。
このような状況の中で、我々若い政治家が現場主義を原点に長期的な展望に立って、県政課題に取り組んで行かなければなりません。
人の心を動かすのは人。人口減少が続く時代だからこそ人の価値が高まり、また限られた予算の中で、より選択と集中が重要となります。
私は三重県議会で務めた人口減少調査特別委員長の経験などを生かし「人」への投資をしっかり行うことが使命だと考えます。これからも県民の皆様と共に一丸となって三重県を活性化させ、多くの皆様と歩調を合わせることで道は開けると確信しています。
現場主義「しもの幸助」が取り組む重要5課題
しもの幸助さんは、三重県議会議員として1期4年間、真剣に真面目に汗をかきながら、多くの現場を訪問し、声を聞き、「三重県中小企業・小規模企業振興条例」や「三重県飲酒運転0(ゼロ)を目指す条例」の制定に積極的に参画するなど、重要な県政課題に取り組んできました。
また、防災対策では海岸堤防の老朽化・液状化対策の推進や津波避難訓練に参加するなど、地域活動にも積極的に参加されています。
これからも実直で行動的な「しもの幸助県議」が必要です。鈴鹿から三重県をより安心で安全な街にするため、しもの幸助さんを一層よろしくお願い申し上げます。

中川正春オフィシャルホームページ

しもの幸助さんは、学生時代はトライアスロン部 (水泳、バイク、ラン) に、キャプテンとして所属し、現在も身体を鍛えています。また、大学院では、MBA(経営学修士)を取得し、文字通り、文武両道の政治家です。
そして私が、しもの幸助さんを推薦する最大の理由は、刻々と激変する社会情勢の中で、長期的な視点に立ち、政策を前に進めるために政治家として必須な信念と若さをもっていることです。
これからも強い信念と若い力で県政課題を切り拓いて、未来ある三重県を創ってくれる「しもの幸助県議」のご支援を何卒よろしくお願い申し上げます。

芝博一オフィシャルホームページ

  • 新政みえ
  • 三重県
  • 三重県キッズサイト
  • 三重県議会
  • 鈴鹿市
ページの先頭へ